お世話になった人のことは絶対に忘れないものです

仕事や学校などで、私達はいろんな人との出会いがあります。

嫌な思いをすることもありますが、中にはとても感謝している恩人との出会いもあります。

私の場合ですが、医療関係の仕事をしているので、おのずといろいろな人との出会いがあり、別れもあります。

特に感謝している人の多くは、仕事である准看護師の職場の仲間や先輩であり、厳しい人もいれば、とても親切にしてくれた人もいます。

今は出産で仕事をセーブしていて、元の病院では勤務していないのですが、初めて看護師の仕事をした時には、先輩に叱咤されることもあり、トイレなどで泣いたこともあります。

自分のためを思って注意をしてくれる人もいましたが、感情的なことから嫌みや陰口を言われることもあり、正直、看護師の仕事は辛かったです。

しかし、その中でも、優しい人や見習いたい人はいて、患者や同僚などにも、態度も変わらずに一生懸命に接してくれる人もいました。

新人の頃に、怖い患者の点滴をすることになり、上手く翼状針が入らず、とても怒られたこともあります。
そのような場合でも、優しい同僚は、何も言わずに点滴を変わってくれて、後でフォローもしてくれました。

看護師の仕事は精神的にもキツイですが、このような優しい同僚や先輩もいますので、続けることが出来ていました。

私も彼女らを見習い、こんな人になりたいと言われるような看護師になりたいです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加