私の一生の宝物

小さい時、音楽教室に通っていました。
ピアノ専攻でしたが、弾くことだけでなく、音楽の基本をしっかりと身につけることができました。小さい時に身に着けた音感は、私の一生の宝物です。

大人になってから分かったのですが、ピアノを習ったり音楽教室に通ったりしても、誰でも音感が身につくわけではないようです。私の場合、そんなにピアノが上手だったわけでもなく、練習も大嫌いだったのに、どうしてしっかりと音感が身に付いたのか。それはすべて、音楽教室でのレッスン内容の深さと、指導してくれた先生のおかげだと思います。

音楽教室で私たちのクラスを受け持っていた先生が結婚退職して、新しくレッスンを受け持つことになった先生は、まだ音大を出たばかりで、私たちのグループが、初めて受け持つグループだったそうです。

私たち・・・生意気な小学生は、緊張している先生をからかったりふざけたりしていましたが、いざレッスンが始まると、全員がものすごい集中力でレッスン内容をどんどんマスターしていくクラスでした。

後になって聞いたのですが、先生は生意気な私たちのレッスンが初めはすごく嫌で、その曜日になると朝から憂鬱になるほどだったそうです。それなのに、先生は、この子たちには普通のレッスンではだめだ、もっとレベルの高いレッスンをしよう、と心に決めて毎週のレッスンにのぞんでくれていたそうです。

私にも子どもができて、昔自分が通っていた音楽教室に通わせています。
私は音楽教室がとても楽しくて、やって良かったから、子どもも通わせました。

昔お世話になった先生には感謝の気持ちをこめてそう報告することができました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加