お世話になった教育係の方

大学の時のアルバイトで、初めて親元を離れ、知らない地で生活することになりました。

その地域のことも何も知らず、アルバイトの職種も初めてで、未熟極まりない、常識も知らないくらいで飛び込みました。

10歳上の男性が私の教育係になりました。

私は田舎から出てきたので、多少方言があったようで、自分では気づかなかったので普通だと思っていたのが、全く方言が出ているとの指摘に恥ずかしさを感じました。

仕事内容から、接客のノウハウまで初めてのことだらけでパンク寸前でした。でもお金をもらう以上、しっかりやりたいという気持ちが強かったので気合を入れて学業との両立を頑張りました。

その方は、仕事の教育係でしたが地元だったので、たくさんの地域の情報を教えてくれました。そして、人とのかかわり方や人生の失敗談や、こういう人とはこのように関わるといい、恋愛に関してもたくさんのアドバイスをくれたりしました。

10歳上だったので、とても大人に見えたし、すごく人生経験も豊富で、人一倍苦労もしていた話でした。優しさも厳しさもしっかり与えてくれて、私の人生の先生のようです。

一番悩んでいた時に、「苦しいのは生きているから。物事から逃げないでしっかり向き合う。もし、向き合ってもダメだったら、逃げることで道ができることもある。」と言葉をかけてくれました。

この言葉で、辛さと苦しさでピークだったのが、救われました。

一生忘れない出会いです。子供真っ盛りの私を見捨てずしっかり向き合って育ててくれた。お世話になった人です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加